読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憲法9条、9条信者、9条改正

憲法9条は、日本国憲法の中でも最も賛美され、また最も批判の強い条文だ。

 

9条の条文をもう一度読んでみよう。

第1項は「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」

第2項は「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」

とある。

 

第1項で大事なのは、「国際紛争を解決する手段として」、「戦争」、「武力による威嚇」、「武力の行使」を放棄するということだ。

裏返せば、「戦争」、「武力による威嚇」、「武力の行使」以外の手段は、「国際紛争を解決する手段として」用いても良いということになる。

 

ネトウヨが良くブサヨを馬鹿にして用いる言葉に「9条信者」という言葉がある。

9条がある限り日本は武力攻撃をされないと信じている脳内がお花畑の連中のことを指すといわれている。

確かにこの批判はもっともだ。

中国の銃弾は、ロシアの銃弾は、9条が書かれた六法全書を貫通して、日本国民を地に染めることができる。

 

他方、だから9条がある限り、日本は無防備であって、常に受け身で、国際社会で負け犬のように存在していなければならない、というネトウヨの嘆きは、少し違うような気がする。

上手くは言えないが、諦めが早くありませんか……と。

 

日本国憲法は、国家に、そして主権者たる国民に、戦争以外で勝て、と言っているのだ。

暴力で解決する以外の方法を考えなさいよと。

一部のネトウヨの発言は、テストを前にして、

微分積分の問題は難しくて解けないから、問題自体を単純な足し算の問題に変えろ」

と言っているようで、考え方としてはありうるが、幼稚な感じも見受けられる。

 

日本国憲法は実情はどうあれ、日本国民が決意した目標・理想でもある。

特に戦争放棄は、先の大戦、それに連なる多くの戦争のもたらした人的物的犠牲を思えば、この目標・理想は誰がどう見ても理由のあるものだ。

この貧しい国に持続的な戦争遂行能力などない。

 

ネトウヨが言うような「普通の国」は所詮は普通の国であって、栄光も名誉もない。

理想を掲げ、理想に向けて努力するからこそ、栄光と名誉に輝く国になる。

仮に9条改正を主張するのであれば、戦争放棄よりもより素晴らしい目標・理想があることを示さなければならないだろう。

 

他方、護憲派と呼ばれる人々も、9条があるからどうのとか、世界遺産とかわけのわからんことを言っている暇があれば、戦争以外で日本が優位に立てる方法を具体的に示す必要がある。

それは、泥臭かったり、場合によっては汚い方法かもしれない。

日本に喧嘩を売ってきそうな仮想敵国のトップに多額の賄賂を渡したり、

相手の国を分裂させたり、経済制裁をしたり……。

それでも、人が人を殺し合う戦争よりはましでしょ、という乾いたスタンスを持つ必要がある。

 

要は、右も左も頭を使ってほしい、ということだ。

自分が言えた口ではないかもしれんが。