失敗の連鎖が来ることがたまにある。

色々な失敗を一度にしてしまうときだ。

 

原因は、全く別の色々なことが忙しくなって、図らずも二兎(以上)を追ってしまう状態になったり、新しい状況が発生したりするからだ。

失敗を糧に次頑張ればいい、のだろうが、それは次頑張る時のセリフだ。

失敗している最中は非常に疲れる思いに満ちてしまう。

それが前は出来ていたことなのに、できなくなってしまった場合は特に。

 

そういう時はまずは休まなければならないのだろうけど。

休む時間もない。

休む時間がないのは当然だ。

そもそも失敗している時には、忙しかったり、新しい状況が発生しているからだ。

加えていえば、失敗に対処する仕事も増えている。

 

結局は無理しないという点につきるのだろう。

また、仕事はためないようにするしかない、ということになろうか。